マインドガードdxうつ

頼りきっていました。

僕は、自分ではしっかりとした認識はありませんでしたが、あきらかにうつ病だったように思えます。

 

 

服用している薬も数種類を超えて10種類近くまでいきまきした。

 


1番良く飲んでいたというか、依存していたのはデパス錠ですね。

 

 

比較的、たくさんの量がもらえるし、効果も速いので頼りきっていました。
ですが、これが問題なんですよ。

 

 

 

長い間、うつ病の薬に頼っていると、

  • このままで良いのか?
  • 地震などが来て、薬を手に入れることができなくなったらどうしよう?
  • 副作用で別の病気になったらどうしよう?

 

 

などといった別の意味での不安が湧き上がってきて、
さらにうつ病の薬を大量に飲む、なんて事の繰り返しにもなってきます。

 

 

 

うつ病などの脳の問題には必ずセロトニン不足が関係しているとされています。

 

だから、トリプトファンというアミノ物質でセロトニン分泌不足が補えるマインドガードdxを飲む人が増えているんです。

 

僕も試してみて効果を実感しています。

 

うつ病の薬の代わりになるとは言えません。

 

そもそも食品ですし。

 

が、このまま薬に頼りっぱなしよりはイイかなと思いました。

 

 

詳しくは>>僕の体験談をみてほしいのですが、
まず、セロトニン不足が1番顕著にあらわれる睡眠障害が緩和されてくる実感です。

 

 

 

そして、何より、

 

「薬に頼らなくても大丈夫かも?」

 

という思いが出てくるので、
精神的な意味でのうつ病薬に対する依存心が減り安心感が増えてきます。

 

コレを感じる事がマインドガードdxを飲んでのファーストステップな気もしています。

 

>>僕のマインドガード開始29日の効果・副作用体験談はこちらです。

うつ病にはエクササイズ?

生活の流れを変えることが、精神衛生上の安定に大きく関係している事は確かです。

 

 

うつ病にはエクササイズなど日常生活に取り込むことによって、気分を盛り上げ、気分変調性障害や軽いものから中程度のうつ病に効果があると言うデータがあります。

 

 

定期的に規則正しく行うエクササイズは自尊心を回復させたり、
睡眠パターンの正常化、自信やストレス対処能力を向上させることになります。

 

 

エクササイズを行うことによって、予算的にかなり安くすんだり、短い期間でも効果が現れたり、一般的な精神的セラピーが効果をあらわしていない時にも、効果を感じたりします。

 

 

エクササイズの効果は極めて高いとされています。
そのためセラピーと同時に行っている方も多いとされています。

 

 

理想的なことを考えれば、毎日少しずつでも良いのできちんと継続することが大切です。

 

 

エクササイズの作用としては、幸福感に関係している
脳内のエンドルフィンや、アドレナリン、セロトニン、ドーパミンに影響を与えてるとされています。

 

 

身体的にも健康になることができ、肥満が改善され、体の柔軟性が増し、筋肉がつき、心臓病や高血圧、骨粗しょう症、糖尿病などのリスクも減らしてくれるとされています。

 

 

また精神的にも、緊張感や欲求不満、怒り、ストレス、不安を軽減してくれたりします。

 

 

達成感を感じることができたり、自尊心を上げることによってやりがいや、
集中力を上げることも可能です。

 

 

ネガティブな発想を減らすことができたり、自己破壊的な感慨を減らすことも可能です。
そもそも体が疲れるので、睡眠の質が向上することになります。

 

 

何もしないでいるよりも、罪悪感を減らし、幸福感を向上させることが期待できます。

 

うつ病では自分の状態を観察することが大切

自分を幸せにしたり、苦しめたりしているものを自分がどう考えているか?

 

この部分がうつに対して最も重要な考え方の1つになります。

 

 

まずは何より自分の状態を観察することです。

 

 

自分の状態を観察せずにただ自分が良くなるの待っていたら、ただ待つだけで終わってしまうことにあります。

 

しかしながらさらに自己観察よりも良い方法があります。
それは自分が変わることをしっかりと考えてみることです。

 

もし何か嫌なことが起きて、自分が落ち込んでしまったり、悲しくなってしまったり、した場合、その感情の原因は自分の物事に対する見方にあります。

 

このような考え方はなかなか自分でコントロールすることが難しいとされています。
人それぞれ行動には独自性があります。考え方にも癖があります。
自分で意識せずとも考えてしまう事に気付かない場合が多く。
それらはやがて自分の中で真実に変わっていってしまうのです。

 

 

悲しみ、怒り、罪悪感、劣等感、不安、イライラ、無関心、
こういったネガティブな状態を感じている時、自分は自動的にネガティブな考えに陥っています。

 

 

この状態をまずは自分で自己観察し、客観的に理解することが重要です。
まずはそういったネガティブな思考になる原因を考えることができれば、他の考え方を探ることも可能になります。つまり、他の見方があるということを考えられるようになるのです。

 

 

ここで大切なのは別の見方を探すことです。
物事は考えようといますがこれはある意味該当します。
悲しみや不安、悲観的な考えは私たちの考え方を変えてしまいその思い込みを実に変化させてしまうのです。

 

 

日常的な出来事そのものは人間の気分を変えてしまったりするほどのひどいものはありません。
ですがその物事に対する自分自身の考え方はどうにでもなってしまいます。
自分の考え方そのものにふりまされてしまうということです。

 

ここで大切な事は自問自答です。
別の考え方はできないのであろうか?この考え方がとても重要になってきます。
自分がネガティブな状態に陥ってしまっている時、そのネガティブは自分が自動的に招いてしまっていることだということを理解しましょう。自動的に引き起こされてしまっていると言う事は、自分から変えることができるということです。まずはそのきっかけをつかむために自問自答することが大切なポイントになってきます。

 

関連ページ

マインドガードdx粒(錠剤タイプ)を【家族で】飲んでみた結果
マインドガードdxの粒(錠剤タイプ)を高齢の父母と一緒に飲んでみました。
マインドガードdxをパニック障害の31歳女性に飲んでもらった結果
マインドガードdxの副作用は、どんなの?
マインドガードdxの副作用、依存性への公式見解や成分面での副作用についてまとめました。
僕が思うマインドガードdxの効果
お徳な販売店はどこ?楽天やamazon、薬局で買える?
マインドガードdxの販売店情報です。楽天やamazonでの取扱店、ヤフーショッピング。マツキヨなどの薬局販売について調べました!
マインドガードdxは、効かない。。。
2chの評判が気になった
セロトニン系睡眠ドリンクのマインドガードdxどうなんだろ?って2chスレを見てみました!