マインドガードdxタブレット粒(錠剤タイプ)を飲んでみた結果

マインドガードdxのタブレット粒(錠剤タイプ)を飲んでみた。


マインドガードdxのタブレット粒(錠剤タイプ)も飲んでみました。

 

相変わらずハコのデザインが深刻ですw

 

外出先で飲むように良いかなと思ったのと
単純に粒タイプを試したかったので買いました。
>>マインドガードdx粒タイプの公式サイトはこちらです。

 


さて、さっそく
マインドガードdx粒タイプの実感ですが
結論から言うと。

 

ドリンクタイプと同じでした。

 

ただ、実感するまでには多少時間がかかるかも。

 

旅行用とするなら、いつもの継続を途切れさせない目的にした方が良いかと思います。

 

粒タイプを薬みたいに考えて服用しても即効性はないかと思います。

 

あくまでいつも飲んでいる延長って感じが良いですね。

 

やっぱり食品なので継続が大切かなって思います。

 

粒タイプもドリンクタイプと同じく
セロトニン増強を目的としたものです。

 


粒タイプの1番のメリットは、ニオイが気にならない点かと思います。

 

 

ドリンクタイプもジュースで割って飲めば平気なんですけどね。

 

 

ただし
粒タイプでも無臭なワケではありませんのでご注意下さいね。

 

 

僕の場合は胃が弱いってのもあって
粒タイプよりはドリンクタイプの方が相性が良い感じでした。

 

 

かと言っても粒タイプも全部飲みましたけどww

 

 

ドリンクタイプみたいに、飲んですぐス〜って感覚はないですね。

 

やっぱり胃の中で溶けるまでは時間がかかるのかな?

 

 

栄養ドリンクより
栄養の錠剤(サプリメント)が合う〜なんて方なら錠剤が良いかと思います。

 

マインドガードdx粒タイプの飲み方

特に変わったところはありませんが
僕みたいに胃が極端に弱い人は食後が良いですね。

 

基本的にマインドガードdxは就寝30分前くらいに飲むのが良いと思いますが、
胃が弱い人なら空腹で飲まずに小さなオニギリとか、ちょっと何か食べてから飲むのがオススメです。

 

マインドガードdxの粒タイプは1日3粒が目安です。

 

食品なので多めに飲んでも良いみたいですが
僕的には3粒で十分な気がします。

デパスなどの抗不安薬と比較したら?

 

個人的には、デパスも即効性を感じる方ではないので
マインドガードdxの粒タイプと比較してみても大差なかった用に思えています。

 

まぁ、デパスは長年服用しているので
耐性がデキて効果を感じにくくなっているのも事実です。

 

抗不安薬の長期利用が嫌になっているなら、
食品サプリメントに変更してみる良いタイミングかもしれませんね。

 

マインドガードdxの粒タイプ

 

中途覚醒早朝覚醒に悩んでいる
69歳の父と66歳の母に飲んでもらいましたが、
僕と似たような実感をもったようです。

 

やっぱり、ドリンクタイプみたいにス〜っとした感じはないみたいです。

 

どちらも1週間ほど飲んでみて
朝までよく眠れる
といった感想をもらいました。

 

でも、
うちは両親も粒タイプ(錠剤)は胃に合わないっぽくて
今は二人共ドリンクタイプを飲んでいます。

 

マインドガードdx粒タイプの特徴をまとめました。


僕がマインドガードdx粒タイプを購入した時は箱入りだったのですが
今は、写真のような入れ物になっています。

 

【マインドガードdx粒タイプの特徴】

  • 新成分ヒプノカリスがマインドガードdxドリンクタイプの2.5倍濃縮で配合されています。
  • あくまで食品なので依存性は無し
  • 老化防止のレスベラトロールや安息成分のGABAも入っています。
  • 朝起きられない起立性調節障害などにもオススメされています。

 

 

正直
マインドガードdx粒タイプは安くはないと思うので
いろいろな人の感想を読んでから買うのが良いかと思います。

>>2017年10月のマインドガードdx公式特別キャンペーンページはこちらです。


そして今月の
マインドガードDX粒タイプの最安値はこちらの公式ページです。
>>>http://www.kaimintubu.com/60%OFF