モリンダシトリフォリア

モリンダシトリフォリア(ノニ)の効果


モリンダシトリフォリア(ノニ)は、ポリネシア諸島、東南アジア、オーストラリアなどに自生するアカネ科の熱帯植物です。

 

 

日本では、沖縄県や八重山諸島、小笠原諸島に生息しています。古代より、食品や薬品として用いられ、愛用されてきました。

 

最近ではノニジュースとして

  • ミランダカーさん
  • 石田純一さん
  • 東尾理子さn
  • 道端ジェシカさん
  • マラソン選手の中麗美選手
が飲んでいることでも有名になりました。

 

 

その効果とは、どのようなものかざっと見てみましょう。

 

ひとつひとつ挙げてみると、

  • 免疫力向上
  • 生活習慣病予防
  • ダイエット効果
  • 抗酸化作用
  • 抗がん作用
  • 血圧低下
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 鎮痛効果
  • 腫れの除去
  • 抗うつ作用
などです。

 

なぜこんなに効果があるのかというと、その持つ成分に秘密があります。

 

モリンダシトリフォリアには、140種類以上もの栄養成分が凝縮しているのです。
あのローヤルゼリーが40種類くらいですから、いかに栄養価の優れたフルーツかがわかります。
>>モリンダ入りのマズい睡眠ドリンクを飲んでみた!

主成分とその効き目

すべての成分を紹介することはできないので、主成分とその効き目だけを取り上げます。

 

ダムナカンタール

抗がん作用があります。

 

アントラキノン

下剤として用いられることがありますが、鎮痛効果に優れた効き目があります。

 

スコポレチン

血管を拡張して、柔らかくします。免疫力も高めます。

 

テルペン

その香りがストレスを和らげ、心と体をリラックスさせます。高血圧も予防してくれます。さらに、鎮痛や抗炎症などの効果もあります。

 

セロトニン、メラトニン

体内時計を整え、心地よい睡眠に導きます。抗うつ作用もあります。

 

モリンドン・モリデン

抗菌・殺菌作用があります。

 

プロメライン

抗炎症や鎮痛効果のほか、食べ物の消化を助ける働きもあります。

 

βサイトステロール

抗炎症、抗がん作用があります。

 

必須アミノ酸9種類

必須アミノ酸は、人間の体内で合成できないので、食物から摂る必要があります。アミノ酸はそれぞれが結びついて、たんぱく質になり、人間の体の主要部分を構成します。

 

ペクチン

血糖値の改善、便秘解消、疲労回復、血行促進、抗酸化作用など、さまざまな健康効果があります。

 

 

 

まだまだありますが、さすがに140種類もの栄養素を含んでいるだけあって、食用にしろ薬用にしろ、利用価値は非常に高いです。
現在も新たな成分の解明に向けて、研究が進められています。

 

モリンダシトリフォリアの副作用

モリンダシトリフォリアの主な副作用は下痢とされています。

 

基本的にモリンダシトリフォリアには副作用がないと認定されています。

 

 

そのため食べ過ぎによる下痢ものとの見解が多いようですが
好転反応による下痢とも言われています。

 

 

数日にわたって下痢がつづく際には副作用ではなく
好転反応の可能性が高いとされています。

 

 

これは素人には判断しにくいようなので
下痢が長くつづく際にはモリンダシトリフォリアの摂取を止めて病院へ行くのが安心ですね。

 

 

また、スコポレチンという成分には血流促進効果があるので
血行が良くなった結果、痒みが出たという報告があるようです。

 

 

倦怠感も同時に表れることもありますが、これも血流促進による一時的なエネルギー変化と言われています。

 

これも好転反応との見方もできますね。

 

 

モリンダシトリフォリアは適量を適度に食べて様子を見ていくのが安心と言えます。
>>モリンダ入りのマズい睡眠ドリンクを飲んでみた結果



>>2018年8月のマインドガードdx公式特別キャンペーンページはこちらです。


そして今月の
マインドガードDX粒タイプの最安値はこちらの公式ページです。
こちらをタッチで見れます>>>http://www.kaimintubu.com/60%OFF



もし
朝起きれない起立性調節障害でサプリをお探しなら>>こちらを読んでみてください。