クワンソウの効果

クワンソウは沖縄のユリ

クワンソウとは、沖縄原産のユリ科の植物で、沖縄では古くから家庭でも栽培され、豚肉と一緒に炒めるなどして食されてきました。

 

また、お茶にして良く飲まれ、沖縄の生活に密着した存在なのです。

 

クワンソウの薬草としての歴史は古く、琉球の時代まで遡ります。

 

琉球王朝では、さまざまな病気に効果がある薬草として認められて、海外からの使節団を歓迎するための料理にも使用されてきました。

 

 

当時は主に、赤ちゃんの熱冷ましや夜泣き、更年期障害、精神の不安定なときに利用される、万能な民間治療薬として扱われて来たのです。

 

そのようにして現在まで引き継がれて来ているのですが、現在認められているクワンソウの効果とは、どのようなものなのでしょうか。

 

 

現在の研究では、他の植物にはない、独特の成分が含まれていることが分かっています。

 

クワンソウ独特の成分

その成分とは主に、

  • アスパラギン酸
  • リジン
  • ヒドロキシグルタミン酸
  • オキシピナタニン
です。

 

アスパラギン酸

疲労物質を体外へ排出する働きがあります。

 

リジン

カルシウムの吸収を助けて精神を安定させる効果があります。

 

ヒドロキシグルタミン酸

医療機関でも頻繁に利用される物質で、腸に働きかけることにより栄養成分の吸収を助けます。

 

オキシピナタニン

そして、クワンソウの中で特に注目されている有効成分がオキシピナタニンです。このオキシピナタニンは、クワンソウからごく僅かにしか採取できない成分で、鎮静効果が高く、興奮を鎮める作用があるため、不眠症に非常に有効な成分として注目されています。

 

 

このことから、不眠症などの睡眠障害で悩んでいる人や、病院で処方される睡眠薬の副作用に苦しんでいる人、イライラや不安などで精神が不安定な状態の人、過労や病後で体力が落ちている人、自律神経失調症で悩んでいる人に効果が期待できます。

 

 

また、ストレスを抱えている人にも効果的で、精神的な悩みを解決してくれます。

 

 

以前は赤ちゃんの夜泣きなどにも利用されたほど安全な薬草ですので、副作用の心配がないことも魅力的です。

>>2017年9月のマインドガードdx公式特別キャンペーンページはこちらです。


そして今月の
マインドガードDX粒タイプの最安値はこちらの公式ページです。
>>>http://www.kaimintubu.com/60%OFF