マインドガードdx通販の定期購入と解約方法

マインドガードdxの定期便と解約方法


「マインドガードdx」はネット通販で5万本を突破しているヒット商品ですが、

 

実は大変デリケートな商品であるため市販・他の通販サイトで取り扱われていない商品です。

 

現在のところ公式通販サイトでしか購入する事ができません。

 

ただ、公式通販サイトでは都度購入以外にも定期購入コースが用意されているので、今回はその通販定期購入コースを説明します。

 

 

初めて買うにはまずはお試し価格品を1本が良いかと思います。

 

マインドガードはクセのあるドリンクですから
必要性を感じてから定期購入することをおすすめします。

 

マインドガードdxの定期便

マインドガードdxには吸収が良いドリンクタイプと
携帯に便利なタブレットタイプの2種類がありどちらも都度購入・定期購入ができるので、それぞれの特徴を踏まえた上でライフスタイルに合わせて選べます。

 

 

ドリンクタイプは2回目以降の都度購入の場合
1本500ml(15〜30日分)が8,625円(別途送料:600円)

 

 

タブレットタイプは
1本90粒(約1ヶ月分)9,075円(別途送料:600円)

 

となります。

 

 

これが
定期購入コースだとドリンクタイプ・タブレットタイプと共に1本が割引価格の8,170円(別途送料:600円)で購入となります。

 

どちらの定期購入コースもお届け間隔を「毎月」「隔月」から選ぶことができます。

 

支払い方法

  • e-コレクト(佐川急便の代引きサービス)
  • NP後払い(コンビニなどでも後払いサービス)
  • クレジットカード

を選べます。

 

 

また、マインドガードdxの通販定期購入コースには
ドリンク・タブレットのどちらも1本お届けコースだけではなく、送料無料の特典付きの2本セット・3本セット・6本セットのお届けコースが用意されており、

 

 

どちらも6本セットだと1本あたり7,260円で購入できるのでお得です。

 

2本まとめ購入から送料無料になります。

 

 

 

さらに、
ドリンクタイプのみ12本セットの定期購入コースも用意されていて、こちらだと12本で81,680円なので1本あたり約6,810円となり最安値になります。

 

 

 

そのため、ご家族やお仲間と一緒に継続される予定であれば
複数セットの定期購入コースに申し込むのが最適です。

 

 

ただ、マインドガードdxの定期お届けコースは休止は最長2ヶ月まではできるものの、毎月・隔月コースを問わず最低3ヶ月に1度利用しなければいけない条件があります。

 

 

そして、完全解約を希望する場合もいくつか注意点があるので解約方法を説明します。

 

マインドガードdx定期便の解約方法


マインドガードdxの定期お届けコースの解約は

 

公式サイトのトップページに記載されている

【電話・FAX】
0120-37-5522

 

【メール(お問い合わせフォーム)】
>>http://www.kokoronoaojiru.com/otoiawase2.html

 

 

から解約希望の旨を連絡することで可能です。

 

解約理由を聞かれるかと思いますが
「身体に合わなかったので、、、」といった無難な理由で良いでしょう。

 

 

ただし、お届けの変更が間に合わなくなる場合があるので
次のお届け予定日の10営業日前までに連絡しておくことが必要ですし、出荷後のキャンセルは往復送料が自己負担となるので注意が必要です。

 

 

商品不良による返品取替も同じ方法で連絡すればOKです。
この場合は送料は負担してもらえます。

 

定期購入をおすすめしない人

 

マインドガードdxをご自分のペースで自由に飲みたい方にはオススメしません。

 

定期購入は毎月、自動で送られてきていまいます。

 

次の発送の10日前までに連絡すれば、遅らせることができますが
私のように自由に飲んでいる人では、どんどんたまっていきます。

 

ある程度、効果を実感できると
思った以上にマインドガードは減りませんので
意外と定期便は必要なかったりします。

 

私個人的には2本まとめ買いをしていて
それで十分です。

 

2本で4か月もつこともあるくらいです。

 

 

定期便は3回継続の約束もあっての割引きですから
ストップしたとしても3ヶ月に1度は購入しなくてはなりません。

 

注意して選びましょう。

 

 

マインドガードはあくまでサプリメントなので
ちゃんと継続することが大切です。

 

無くなったので止めちゃった、、、

 

というのは、それこそもったいないので
意志の弱い方は定期便が良いかなと思います。