うつ病ビタミン効果

ビタミンとそれ以外の成分

気分変調性障害に対するビタミン剤の研究はいまいち進行していないようです。
ですが食べ物から摂取するものではあるので
何かしらの影響があるという事は確実でしょう。

 

ビタミンB

うつ病の人の場合体の中のビタミンBのレベルが低いというデータがあります。ですがビタミンBのサプリメントがうつ病に効くかと言う事まだはっきりしていません。ですがビタミンBが生きていく上で欠かせない成分であることは確かです。足りなくなってしまう事はうつ病に限らず他のトラブルの経緯にもなってしまいます。きちんと摂取することは心がけたいですね。

葉酸

SSRIや抗うつ剤の効果を強くする役目があります。1部の研究によっては高齢のうつ患者のほとんどが葉酸欠乏が確認されています。そのため特に女性や抗鬱剤にしっかりと効果を感じることができない人の場合、いちにち400ミリから800ミリグラムの葉酸摂取が推奨されていることもあります。一般的な複合ビタミンサプリメントには葉酸は組まれています。

鉄分

鉄分が不足すると疲れやすくなってしまったり、元気がなくなり、そこから抑うつ気分にもつながります。

アミノ酸

フェニルアラニン、チロシン、アセチルLカルニチン、ホスファチジルセリンといったアミノ酸はうつと関係があるとされています。特定の皆さんが神経伝達物質の合成に関連しているというデータに基づくものになります。

トリプトファン

トリプトファンはセロトニンの生成に効果を果たすありアミノ酸です。トリプトファンの欠乏は大うつ病の症状悪化させたり、トリプトファンが足りていると抗うつ剤の効果が強くなるとも言われています。トリプトファンが多い食べ物には、大豆、肉、豆類、米などの炭水化物、たんぱく質系があります。

 

ビタミンD

ビタミンDは心理的機能に関係しており、気分を改善させる効果があるとも言われています。

 

以上のような栄養素はたくさんとって症状改善すると言うよりは、欠かさないようにしておくことが大切です。
推奨摂取量以上の大量摂取は、具体的な処方薬を使用している場合などは医師に相談するようにしましょう。

 

 

 

マインドガードdx飲んだら、こうなった!

>>2017年9月のマインドガードdx公式特別キャンペーンページはこちらです。


そして今月の
マインドガードDX粒タイプの最安値はこちらの公式ページです。
>>>http://www.kaimintubu.com/60%OFF