子供うつ病

10代に始まった

気分変調性障害は子供にも起こりえます。
気分変調性障害のある成人の約80パーセントは子供の頃また10代に始まったとされています。

 

 

気分変調性障害を早期に診断する事は、子供の日常生活を改善するためだけではなく、
その後の問題を防ぐためにもとても重要なこととなります。

 

 

子供の頃にうつ病になってしまうと、いろいろな問題を招き、
子供自身も受身的になってしまいます。

 

 

思春期の子供たちの気分の変動が激しいのは正常のことになりますが、
気分変調性障害の気分の変動は正常な気分のムラの範疇を超えたものになります。

 

 

一般的に子供の約3パーセントに気分変調性障害が確認されているとされます。
ですが、18歳ごろになるとその3倍の人が発症するされています。

 

 

その中から治療を受けるのは約2割です。
その結果、気分変調性障害の若者の3分の2以上が数年の間に大うつ病になると考えられています。

 

 

気分変調性障害を持っている子供たちが何とか私生活を過ごすことができたとしても、
その後に多くの問題を抱えることになります。

 

 

大人の慢性的なうつ病は、子供時代に発症した気分変調性障害の流れの中の結末になります。
早期発祥のうつ病は、双極性気分障害の前触れとなることも確認されています。

セラピストを探す上で最も重要なこと

セラピストを探す上で最も重要な部分は、心のエリアで暖かくつながりの感覚が得られるかどうかで、
自分が理解されていると感じられることが大切です。

 

 

心の底からあなたのことを考えてくれているセラピスト探そうというのが基本的なことになります。
これはとても普通のことに考えられるかもしれませんが、重要なことです。

 

 

いかに技術的に優れた技術をもったセラピストがいるとしても、
あなたが心のそこから思われていると感じることができなければその力の半分も出し切ることができないでしょう。

 

 

その人があなたのことを本気で気遣っていると感じられることが大切なのです。

 

 

何人かのセラピストのところに行き話をしてみて、自分がいちばんしっくりくると思える人を選ぶことが大切です。

 

 

その人がセラピストなのか精神科医なのかはそれほど大切なことではありません。

 

 

むしろ技術的に重要なのはその人が気分変調性障害を扱った経験がある、
特に認知行動療法や対人関係療法の手法の経験があるかの違いです。

 

 

しかしながら精神分析医は、気分変調性障害の治療には特に有効ではないとされています。

 

 

まずは人の紹介などから選ぶことを始めましょう。

 

 

セラピストの候補には費用や、保険の対象かどうかを聞くのに加えて、

  • どのような手法使って行うのか?過去と現在どちらの問題に焦点を当ててのか?
  • 気分変調性障害の治療期間について
  • 気分変調性障害の治療を行う理由?
  • 自分の考え方をしっかり待ってくれるタイプなのか?

 

直接聞く事はなかなか難しいこともあるかもしれませんが、しっかり注意しながら話してみると良いでしょう。

 

 

もし処方薬が必要な場合はどういったものを使うかも質問しても良いかもしれません。

 

 

何れにしてもご自分が1番安心できると思える人を選ぶことが大切です。

 

後につながる心的外傷後ストレス障害

心的外傷後ストレス障害とは、深刻な身体的な危機の状態にさらされたことから、精神的な障害が生まれてしまうことです。

 

主に以下の状態が引き起こされます。

  • その当時のことを思い出すと体が震えてしまったり、心臓の動悸が高まることがあります。
  • フラッシュバック、悪夢、睡眠障害に悩むことになります。
  • 感情コントロールの麻痺が起こります。
  • いつもなら大した事と思わないことに対しても直行けるようになります。
  • 涙が抑えられなくなることがあります。
  • 家族や友人から自分が孤立してしまっていると感じることがあります。
  • 当時の出来事を連想させる一切の物事を避けようとします。
  • 当時の出来事の細かい部分を思い出すことができません。
  • 日常生活において悲観的になり、自分のこれからの人生において一般的な目標を達成することがずかしくなります。
  • ほんの少しの物音に驚くようになります。
  • 常にイライラし、突然おこることもあります。
  • 集中力がありません。
  • 過剰に物事に警戒するよりなります。
  • 気分の上下が激しくなります。
  • 自分が生き残ってしまったことに対しての罪悪感や劣等感を感じます。
  • 未来に対して希望が持てにくくなります。

 

治療法にはいろいろな方法があるとされています。
これに関しては安易な薬物治療などだけで終わることもありません。
話をしていく中で優先順をつけてゆっくりと改善していくことになります。