子供うつ病

10代に始まった

気分変調性障害は子供にも起こりえます。
気分変調性障害のある成人の約80パーセントは子供の頃また10代に始まったとされています。

 

 

気分変調性障害を早期に診断する事は、子供の日常生活を改善するためだけではなく、
その後の問題を防ぐためにもとても重要なこととなります。

 

 

子供の頃にうつ病になってしまうと、いろいろな問題を招き、
子供自身も受身的になってしまいます。

 

 

思春期の子供たちの気分の変動が激しいのは正常のことになりますが、
気分変調性障害の気分の変動は正常な気分のムラの範疇を超えたものになります。

 

 

一般的に子供の約3パーセントに気分変調性障害が確認されているとされます。
ですが、18歳ごろになるとその3倍の人が発症するされています。

 

 

その中から治療を受けるのは約2割です。
その結果、気分変調性障害の若者の3分の2以上が数年の間に大うつ病になると考えられています。

 

 

気分変調性障害を持っている子供たちが何とか私生活を過ごすことができたとしても、
その後に多くの問題を抱えることになります。

 

 

大人の慢性的なうつ病は、子供時代に発症した気分変調性障害の流れの中の結末になります。
早期発祥のうつ病は、双極性気分障害の前触れとなることも確認されています。

 

 

マインドガードdx飲んだ

>>2017年8月のマインドガードdx公式特別ページはこちらです。


そして今月の
マインドガードDX粒タイプの最安値はこちらの公式ページです。
>>>http://www.kaimintubu.com/60%OFF